新規取得したドメインが「悪質なスパム」判定されていたので再審査してみた

ウェブサイトを立ち上げる時に、アメブロなどのブログサービスを使ったり、契約しているプロバイダーのウェブスペースを使ったりすることもあると思いますが、ほとんどの場合「.com」「.net」などのドメインを取得すると思います。

しかし、すでに数多くのウェブサイトが存在し、好きな名前のドメイン名を取得するのが難しくなっています。

そんな中、もう取得されてるだろうなーというようなドメイン名が取得可能な場合があります。

その場合、ほんとに今まで使われたことのない新規ドメインなのか、それとも昔使われていたけどそのドメインを使わなくなって手放したのか確認しましょう。

それを調べるのに便利なのが「Wayback Machine」

Internet Archive: Wayback Machine

ちなみにこのサイトのドメイン「kotohajime.net」は2015年2月に取得したんですが、この「Wayback Machine」で調べるとこんな感じでした。

取得した2015年以前に棒グラフみたいなのが表示されていますが、グラフがある部分の年はウェブサイトが存在していたということです。つまり「kotohajime.net」は、新規ドメインではなく、使い古されたドメインということが分かります。

試しに、一番古い2004年のところを見てみます。

こうやって、10年以上前のサイトも見ることができるんです。

ここで確認するのは、昔怪しいサイトを運営していたドメインではないか?ということです。

せっかくドメインを取得したのに、昔「スパム行為」をしていたためにGoogleによって「スパム判定」されているドメインがあるのです。その場合、ウェブサイトを構築していろんな情報を入力していっても、Googleの検索結果に表示されることはありません。

「悪質なスパム」判定されているドメインだった

今の御時世、Googleで検索して、検索結果に表示されないとウェブサイトを見てもらえないので、Googleに嫌われない=スパム判定されないようにする必要があります。

しかし新規ドメインのはずが、使い古されていたり、時には犯罪に使われていたりすることもあるのです。先程の「Wayback Machine」を見ても特に問題なさそうという場合でも、実際に取得するとスパム判定されていることがあります。

私も実は、とあるドメインを取得してグーグルウェブマスターツールに追加したところ、スパム判定されていました。

これはまだウェブサイトを作る前の状態なので、以前使っていた人が「悪質なスパム」判定を受けて、ウェブページを修正することなくドメインを捨てたということになります。

ホント迷惑極まりないですね。

このグーグルのスパム判定というのが、実際にドメインを取得してグーグルのウェブマスターツールに登録してからじゃないと分からないので悩ましいところです。

スパム判定されたドメインの「再審査のリクエスト」

スパム判定されているドメインにウェブサイトを構築する気がおきないので、グーグルウェブマスターツールから「再審査をリクエスト」してみることにしました。

「新規でドメイン取得したらスパム判定になっていたので解除してください」という感じで送りました。上のキャプチャ画像見ると「思っています」が「表います」になってます。恥ずかしい。。

再審査リクエストを送ること20日後。やっと返事がきました。

再審査リクエストをしましたが、「貴サイトが Google の品質に関するガイドラインに違反しています」ということです。

つまり、新規で取ったはずのドメインが昔悪いことに使われていた場合でも、新しく取得した人が「悪質なスパム」という烙印を押されているのです。

審査担当者のところには「手動によるスパム対策の解除には、貴サイト上にウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に違反する箇所がなく、また、サイト上にユーザーにとって価値のあるコンテンツが存在している必要があります。サイト上にコンテンツを作成したうえで、再度再審査リクエストをお送りください。」とあります。

新しくウェブサイトを立ち上げて再審査してね、ということです。しかも「ユーザーにとって価値のあるコンテンツ」じゃないとダメだよと書いてあります。

結論:スパム判定されたドメインは捨ててしまう

新しいウェブサイトをきっちりと作り上げて再審査するのもいいかもしれませんが、審査に要する日数や、審査基準があいまいということもあり、どうしても使いたいドメイン名でない限りは、1000円前後のドメインは捨てて、別のドメインを新しく取得したほうがいいような気がします。

ちなみに、あえて古いドメイン(中古ドメイン)を高いお金を払って購入した場合は、再審査リクエストをして使えるようにしたほうがいいかもしれませんが・・・。

今回の「悪質なスパム」判定されているドメインについては、新規でサイトを構築する予定はありません。時間に余裕があれば何ページかコンテンツを作って再審査リクエストしてみるという実験は面白いかもしれないですけど、多分しないですね。

みなさんも、ドメイン取得の時には気をつけてくださいね。



関連記事

ピックアップ記事

2016.3.8

初めての大腸内視鏡検査

ある日突然、その日は訪れました。特になんの前触れもなく便秘気味になり、普段ならたまに便秘になることがあるけどいつの間にか治っていたということ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る