共感を呼ぶ文章の書き方とは?読者の心を動かす5つのテクニック

読者に共感される文章を書くにはどうすれば良いのだろう?
もっと読者の反応を増やしたい!

 

こんな疑問にお答えします。

 

本記事のポイント

・相手に共感させる文章の書き方が分かる

・共感させる文章のメリットを知ることができる

 

記事を書いている人

Tanico(@ytnk_kotohajime

 

こんにちは。副業ライターのTanico(@ytnk_kotohajime)です。

 

せっかく文章を書くのであれば、相手に共感される文章を書いてみたいですよね。

とは言え、「共感を得る文章ってどう書けば良いの?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

今回は、私が実際に文章を書く際に意識している「読者に共感されるための5つのテクニック」を紹介していきます。

 

取り上げるテクニックは、ブログはもちろん、SNSやメールでも使えるものばかり。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

なぜブログに共感が必要なのか

共感される文章の書き方について見ていく前に、「なぜブログに共感が必要なのか」について見ていきましょう。

 

共感されることによって信頼されやすくなる

文章で言う共感とは、「書き手の感情や考えを、読者が自分事として感じる」ことを指します。

 

インターネットで検索するユーザーの多くは、悩みや不安を抱えながら、検索しています。

特にインターネットは、匿名性のため、知り合いにはなかなか相談できない悩みを解決しようと検索するケースが多いです。

 

そのため共感できる文章を書ければ、読者はあなたを信頼し、「もっと読みたい」「この人の言うことは間違いない」という心理が働きます。

すると、読者が増えたり、あなたのおすすめした商品を購入してもらえたりします。

 

私たち人間は、事実や証拠だけでは行動しようと思いません。

「感情」で物事を選択する場面もたくさんあるのです。

 

人間は意外と「共感」で動く生き物なんだよ
Tanico
Tanico
確かに通販でモノを買う時、絶対に口コミを参考にするなぁ

 

共感を得るためには読者のリサーチが重要

共感させるためには、読者のリサーチが必要不可欠です。

 

文章を書く前に以下のリサーチをしてから、書き始めるようにしましょう。

◯ 読者はどのような悩みを抱えているのだろうか。

◯どのような解決策を求めているのだろうか。

◯ なぜ、悩みを感じ始めたのだろうか。

 

もしあなたの周りに同じような悩みを抱えている人がいれば、直接聞くのはおすすめです。

また、近くにいなくても「Yahoo!知恵袋」や「教えて!goo」を使って、読者の求めている答えは何か、しっかり調べておきましょう。

 

読者のリサーチをすればするほど、共感される確率は高くなります。

 

【誰でもできる!】共感される文章を書くための5つのポイント

では、文章を書く際に、私が実際に意識している「読者に共感されるための5つのテクニック」を紹介していきます。

 

今回取り上げるのは、以下の5つです。

  • 読者の目線に合わせて書く
  • 自分の「ダメな面」も隠さずに書く
  • 読み手の悩みを認めてあげる
  • 文章のなかで「呼びかけ」をする
  • 最後に「ありがとう」と書く

 

どれも大切なので、1つずつ紹介していきます。

 

読者の目線に合わせて書く

1つ目に大切なことは「読者の目線に合わせて文章を書く」ということです。

 

ターゲットとなる読者をリサーチし、読者の求めている情報を分かりやすく書くことは大切です。

しかし、ただ情報を書くだけではいけません。

読者の目線に合わせて書くことが大切です。

 

例えば「おすすめのダイエット方法が書かれた記事」と「何度もリバウンドを経てようやく継続できる方法を見つけた方のダイエット記事」であれば、同じ内容の記事でもリバウンドした人の記事を読んでみたいと思いますよね。

それは、「読み手の目線」に合わせて書いてあるからです。

 

同じ立場や同じ悩みを抱えていた人の文章の方が、読み手は「共感」しやすいため、目線を合わすということは常に意識してください。

 

自分の「ダメな面」も隠さずに書く

文章を書いていると、ついつい「背伸び」してしまいがちです。

ですが、あなたの「ありのまま」を書いた文章の方が、「共感」は生まれやすくなります。

 

勉強しないといけないのに、またスマホでゲームをしてしまった…。

ダイエットしなきゃいけないのに、またお菓子を食べてしまった…。

どうして僕は何をしても、続かないのだろう…。

 

確かに「情けない文章」です。かっこよくは全然ありません。

でも、ありのままで正直な文章の方が「人間臭さ」を出すのです。

 

書き手が「弱さ」「苦しさ」を正直に書くことで、読み手も「そうそう。分かるよ」と理解してもらえます。

「弱さ」を書くのは勇気がいることですが、「共感」という面ではかなり大切なことなんです。

 

自分の「弱さ」を書くのはちょっぴり恥ずかしいことだけどね

 

読み手の悩みを認めてあげる

3つ目のポイントは「読み手の悩みを認めてあげる」ということです。

 

人間には誰だって「承認欲求」があります。

「人から認められたい」「よく思われたい」と思わない人なんていません。

 

だからこそ、読み手の「悩み」をしっかりと受け止めながら、解決策を提示するようにしましょう。

決して、読み手を否定したりしてはいけません。

 

どんな解決策を提示すれば良いか分からない時は、「Yahoo!知恵袋」で検索してみるのがおすすめです。

Yahoo!知恵袋には「ベストアンサー」機能があるため、似た悩みの投稿を探し、ベストアンサーを確認してみましょう。

 

きっと「どのような解決策を提示すれば良いか」模範となる書き方が見つかるはずです!

 

文章のなかで「呼びかけ」をする

文章のなかで、「呼びかけをすること」も大切です。

・仕事で疲れた身体を、たまには豊かな自然で癒やしませんか?

・「はやく寝ないと」と思いながら、ついついスマホを見て夜ふかししてしまった経験ありませんか?

・どのメーカーのパソコンを買えば良いのか分からない!と悩みますよね?

 

上記のように、文中に「呼びかけワード」を盛り込んでみることで、読み手は「確かにそうかも!」「自分もそう!」となります。

 

自分に当てはまる文章は、「読むとためになりそう!」という意識が働きます。

積極的に呼びかけていきましょう。

 

最後に「ありがとう」と書く

5つ目のテクニックは、「文章の最後にありがとうと書くこと」です。

 

意外かもしれませんが、「ありがとう」と書くだけで、人は優しさを感じるものです。

飛行機や新幹線に乗ったとき、「この度はご利用くださいましてありがとうございます」と言われた経験ありますよね。

特に良いことはしていないけど、なんだか「温かい気持ち」になるはずです。

 

文章でも同じことが言えます。

・最後まで読んでいただき、ありがとうございます

・いつも読んでくれてありがとう

 

上記のような一文を、文章の最後に書くだけで、読者は「読んでよかった」と思えるものです。

簡単なテクニックですが、効果は抜群!

是非、試してみてください。

 

共感させる文章の書き方におすすめの本

最後に、「もっと共感させる文章の書き方を知りたい」という方向けに、おすすめの書籍を紹介していきます。

 

人を操る禁断の文章術 《メンタリズム》

『人を操る禁断の文章術』は、メンタリストとして知られるDaiGoさんが書いた、心理学に基づいたライティング本です。

 

DaiGoさんによると、良い文章は「読み手の想像力を刺激する文章」だと言います。

『人を操る禁断の文章術』では、人間の心理特性に基づいた、「読み手の想像力を刺激する」ライティングテクニックを紹介しています。

 

メールやSNS、ブログ、ビジネス文章など、様々な場面ですぐに使えるテクニックが掲載されいてるため、使える場面はきっと多いはず。

あなたの文章にも取り入れてみましょう。

 

まとめ

いかがでしたか。

 

今回は、「読み手に共感されるための文章テクニック」について紹介しました。

共感される文章を書くことで、読者はあなたを信頼します。

 

今回、お伝えした5つのテクニックをぜひあなたの文章にも取り入れてみてください。

きっと今以上に、人を魅了する文章が書けるはずです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です