【20代】投資を始める前に絶対読むべき本4冊を紹介【将来に差を付ける】

将来のためにお金を増やしたいけど、投資って危険なのかな?
20代の私でも分かる投資本を知りたい!

 

こんな疑問にお答えします。

 

本記事のポイント
・投資の仕組みが分かる
・投資の勉強の仕方が分かる
・おすすめの投資本を知ることができる

 

記事を書いている人

Tanico(@ytnk_kotohajime

 

こんにちは、副業WebライターのTanico(@ytnk_kotohajime)です。

 

投資を始めたいとは思いつつ、なかなか行動に移せない人は多いですよね。

一般的に、「投資」=「一か八かのギャンブル」というイメージをされている方は多いと思います。

 

1年前の私も同じでした。

大博打をするくらいなら、銀行の口座にちょっとずつ貯めていけば良いと…。

 

でも投資は正しく行えば、最小限にリスクを抑えることが可能です。

そこで今回は、私が投資の勉強を始める際に役立った投資本を厳選して4冊紹介します。

 

タイトルには、「20代」と書いていますが、もちろん20代以外の方にもおすすめできる本ばかり。

投資初心者は、ぜひ参考にしてみてください。

 

20代から投資始めるなら絶対に読んで欲しい本4

今回取り上げる本は、次の4冊です。

  1. 20代で知っておきたいお金のこと
  2. 20代から1500万円!積み立て投資でお金を増やす
  3. 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!
  4. 一番やさしい!一番くわしい!はじめての「投資信託」入門

 

1つずつ見ていきましょう。

20代で知っておきたいお金のこと

「5000万円」この数字が何を意味する数字か分かりますか?

答えは、今の20代と親世代を比較した時に背負っているお金のハンディの差です。

つまり「親のように普通の暮らしができれば」と考えていても、同じ生活をするためには親より5000万円以上も稼がなければならないということ。大変ですよね・・・。

 

『20代で知っておきたいお金のこと』では、投資についてはもちろんのこと、「貯金・節約の仕方」や「仕事」や「結婚」、「保険」など20代がこれから直面するお金にまつわる課題と解決方法が丁寧にまとめられています。

 

これから起こりうるリスクを予め知っておき対策をしておくことは、人生設計を考えるうえでも役立つはず。

お金に困らず「やりたいこと」に集中できる人生を送ってみませんか?

ぜひ手にとってみてください。

20代から1500万円!積み立て投資でお金を増やす

「積み立て投資をご存知ですか?」

簡単に説明すると、毎月決まった額をコツコツと積み立てていく投資方法です。

 

『積み立て投資でお金を増やす』は23歳のOLが投資で成功するまでのストーリーをマンガ形式でまとめた一冊になっています。

最後まで読めば、積み立て投資の仕組みが完璧に理解できます!

 

価格が下落しても利益がでるのが積み立て投資

せっかく積み立てたお金が不景気でなくなってしまったら怖い…という方も多いですよね。

実は、「下がっても利益が出やすいのが積み立て投資」なんです。

 

引用:AXA「ドルコスト平均法とは?毎月定額で積立てる方法の長所と注意点を解説

 

毎月3万円を投資すると、金融商品の価格が上昇している時は3万円払っても少ししか買えませんが、価格が下落した時は同じ額でも大量に買えますよね。

 

経済は常に上昇と下落を繰りかえしています。

そのため下落した際もきちんと商品を購入しておけば、経済が安定した時に利益は生まれやすくなります。

まったくリスクはないとは言えませんが、少なくとも「価格が下落すれば、全てを失う」というのは間違った思い込みです。

 

詳しくは、『積み立て投資でお金を増やす』内にも書いてありますので、ぜひ参考にしてみましょう。

 

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

投資をはじめるにしても、分からないことはたくさんありますよね。

「最近よく聞く積み立てNISAって何?」

「投資を始めるなら、株or債権or不動産?」

 

『お金の増やし方を教えてください!』では、金融会社12社を渡り歩いたお金のプロ山崎元さんが、投資初心者のお金にまつわる疑問をひとつひとつ対話形式で解決していく内容の本です。

お金や投資について知識ゼロの方でも分かるよう、基本の基本から優しく解説されているので初心者にもおすすめですよ!

 

一番やさしい!一番くわしい!はじめての「投資信託」入門

最後の本は、『はじめての「投資信託」入門』です。

 

投資信託とは、様々な「株式」や「信託」が詰め合わせとなっている商品です。

パッケージ売りとなっているため、たとえ一社の経営が悪化しても他の企業の株で補え、大打撃を受けにくいと言われています。

 

投資の基本は、「長期」×「リスクの分散」です。

リスクの分散という点では、「投資信託」は最適な商品と言えます。

 

『はじめての「投資信託」入門』では、投資信託の仕組みはもちろん、選び方や運用の仕方まで分かりやすく解説されている一冊です。

「投資信託が気になるな…」という方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

私も毎月3万円ずつ投資信託を購入しています!

 

本で勉強できたら実際に購入してみよう

本を読んで「なるほど!」と感じたら、実際に資産運用を始めてみましょう。

まずは、「証券会社」を選ぶところから。

 

証券会社には大きく分けて、「店頭証券」「ネット証券」の2種類があります。

ネット証券は若干手続きは煩雑ですが、「手数料が安い!」というメリットがあるのでおすすめです。

 

特におすすめのネット証券会社は次の2つ。

 

楽天証券は「楽天ユーザー」におすすめの会社で、SBI証券はとにかく「取り扱い商品の多さ」が魅力。

どちらも「ネット証券と言えばこの2つ」と言われるくらい人気の会社なので、ぜひ検討してみてくださいね。

 

ちなみに私は「SBI証券」で口座を開設しました!

 

まとめ

いかがでしたか。

 

今回は、「20代が投資を始める際に読んで欲しい本4冊」を紹介しました。

  • 20代で知っておきたいお金のこと
  • 20代から1500万円!積み立て投資でお金を増やす
  • 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!
  • 一番やさしい!一番くわしい!はじめての「投資信託」入門

 

どれも初心者でも理解できるよう「投資の仕組み」を分かりやすく解説してくれる本ばかりです。

「投資って危険そう…」という思い込みを覆してくれますよ。

 

「投資を始めてみたいな…」という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

今回おすすめした本

 

この記事をSNSでシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です